技術充実へ前に進む 会津若松酒造協同組合理事長・松本善六さん

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市と猪苗代、磐梯両町の蔵元でつくる会津若松酒造協同組合理事長、松本善六さん(60)の話

 蔵元同士が技術面で教え合おうとする気持ちが強く、それが好結果に結びついている。

 技術面を充実していくことが大切だ。酒造りの技術は、ラグビーで言えばフォワードのようなもの。しっかりいい酒を造れば、営業というバックスが展開しやすくなる。

 結果におごることなく、切磋琢磨(せっさたくま)しなければならない。技術は日進月歩していて、これでいいと言うことはない。前に進まなければ、すぐに抜かれてしまう。