福島県産日本酒を飲み比べ 50種類揃え魅力堪能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本酒の魅力を味わった参加者たち

 県産品の販売PRなどを手掛けるエフライフ(郡山市)は29日までに、同市緑町のコワーキングスペース「co―ba koriyama」(コーバ郡山)で「福島50蔵以上の日本酒を呑み比べる会」を開き、来場者が日本酒の魅力を味わった。

 約30人が来場。県内の酒蔵など約50種類の日本酒に加え、おつまみとして県内の企業が製造するかまぼこや漬物などが提供された。

 日本全国の酒蔵を巡る旅をしている立川哲之さんによるトークショーも行われ、来場者が日本酒を片手に楽しい時間を過ごした。