金賞地酒に舌鼓 福島で「車座夜会」、和やかに語り合う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
人気一あわ酒スパークリングで乾杯する参加者=福島市・幸味亭

 全国新酒鑑評会で金賞受賞銘柄数6年連続日本一を達成した県産日本酒を味わう「ふくしまの酒 車座夜会」は5日、福島市の幸味亭(ゆきみてい)で開かれ、参加者が県内の地酒を堪能した。

 福島の日本酒のおいしさを広めるイベントで10月から県内7会場で開催。最終回のこの日は、人気酒造(二本松市)の遊佐勇人社長ときき酒師のシンガー・ソングライター氏家エイミーさんをゲストに迎えた。「人気一あわ酒スパークリング純米大吟醸」で乾杯。アンコウ鍋などを味わいながら杯を交わし、和やかに語り合った。

 遊佐社長は「ワイングラスで飲めるカジュアルな日本酒などに力を入れている」と同社のこだわりを紹介。おいしさを損なわないようにタンクではなく、直接瓶に詰める工夫などについても話した。

 ふくしまの酒車座夜会実行委員会の主催、福島民友新聞社の共催。