「世界一の酒」振る舞う 奥の松酒造、東京・文化交流イベントで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
好評だった奥の松酒造の振る舞い

 奥の松酒造(二本松市)は9日、東京の旧古河邸で開かれた日本とスペインの食やファッションなどがテーマの文化交流イベントで、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)日本酒部門で世界一に輝いた酒を振る舞った。

 世界的に人気のスペイン人シェフ、ホセ・バラオナ・ビニェス氏特製のパンコントマテという料理に合わせ、IWCでチャンピオン・サケを獲得した「奥の松 あだたら吟醸」や「遊佐 純米吟醸」「純米大吟醸スパークリング」を提供した。

 遊佐丈治社長自らが酒の風味や味わい方などを紹介、振る舞った。