南会津の「限定新酒」飲んで 町内4酒蔵が販売企画

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
限定の南会津町4蔵の新酒

 県内で最初に「乾杯条例」を制定した南会津町の地酒の魅力を広めようと、県酒類卸田島支店は18日、町内の4酒蔵がこの冬仕込んだ限定商品の新酒を発売した。

 同町の開当男山酒造、国権酒造、会津酒造、花泉酒造や飲食店などでつくる「地酒で乾杯!プロジェクト」と連携した販売企画。豊かな風味や爽やかな飲み心地など蔵ごとの味わいを楽しめる。いずれも1.8リットル入りで、価格は開当男山酒造と会津酒造が1890円(税込み)。国権酒造が2052円(同)、花泉酒造が1934円(同)。同町の酒販店などで販売し、町外の購入希望者には発送する。問い合わせは同支店(電話0241・62・0030)へ。