知事賞に「國権」「廣戸川」「会津中将」 県酒造組合の鑑評会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
純米酒の部で味と香りのバランスなどを確認する審査員

 福島県酒造組合(有賀義裕会長)の県春季鑑評会は19日、会津若松市で開かれ、最高賞の知事賞には吟醸酒の部で國権(国権酒造、南会津町)、純米酒の部で廣戸川(松崎酒造、天栄村)、夢の香の部で会津中将(鶴乃江酒造、会津若松市)が選ばれた。

 鑑評会は、毎年春と秋の2回、開かれている。今回は吟醸酒の部に101点、純米酒の部に73点、夢の香の部に19点が出品された。本県オリジナルの酒造好適米「福島酒50号」で仕込んだ日本酒も参考出品された。

 石田謙太郎仙台国税局鑑定官室長、鈴木賢二県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター醸造・食品科長ら15人が審査した。

 知事賞の表彰式は4月18日に福島市のグリーンパレス福島で開かれる「金賞酒の夕べ」の席上で行われる。

◆金賞受賞酒◆

◇吟醸酒の部=奥の松(東日本酒造協業組合、二本松市)稲川(稲川酒造店、猪苗代町)學十郎(豊國酒造、会津坂下町)一生青春(曙酒造、同)玄宰(末廣酒造博士蔵、会津美里町)名倉山(名倉山酒造、会津若松市)会津吉の川(吉の川酒造店、喜多方市)自然郷(大木代吉本店、矢吹町)人気一(人気酒造、二本松市)榮四郎(榮川酒造、磐梯町)さかみずき(たに川酒造、郡山市)東豊国(豊国酒造、古殿町)廣戸川(松崎酒造、天栄村)きたのはな(喜多の華酒造場、喜多方市)陣屋(有賀醸造、白河市)嘉永蔵(末廣酒造嘉永蔵、会津若松市)蔵粋(小原酒造、喜多方市)萬代芳(白井酒造店、会津美里町)金水晶(金水晶酒造店、福島市)

◇純米酒の部=國権(国権酒造、南会津町)夫婦さくら(豊國酒造、会津坂下町)善き哉(名倉山酒造、会津若松市)山桜(笹の川酒造、郡山市)榮四郎(榮川酒造、磐梯町)奥の松(東日本酒造協業組合、二本松市)会津中将(鶴乃江酒造、会津若松市)開當男山(渡部謙一、南会津町)玄宰(末廣酒造博士蔵、会津美里町)超(豊国酒造、古殿町)きたのはな(喜多の華酒造場、喜多方市)京の華(辰泉酒造、会津若松市)蔵粋(小原酒造、喜多方市)会津(会津酒造、南会津町)

◇夢の香の部=廣戸川(松崎酒造、天栄村)南山(渡部謙一、南会津町)