1000本の桜がお出迎え!鶴ケ城で花見 会津12蔵元が自慢の酒

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桜に囲まれ、会津清酒を楽しむ来場者

 約1000本の桜が見ごろを迎えた会津若松市の鶴ケ城公園の二の丸で、会津の地酒が満喫できる「会津清酒で花見酒!in鶴ケ城」が20、21の両日、開かれている。

 会津の12蔵元が自慢の酒を提供。会場は満開の桜と会津清酒を堪能する来場者でにぎわっている。

 カナダ出身で、日本に住んで1年ほどになるという女性は、花と酒をともに楽しむ「日本の花見」を初めて体験した。杯を手にし、辺りを眺めると「ス・テ・キ」と一言。21日は午後2時30分~同8時。