「ふくしまの酒まつり」19年秋に初開催 JR主要駅近くを予定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内堀雅雄知事は20日の定例記者会見で、本県で今秋に初開催する「ふくしまの酒まつり」について、JR主要駅の近くで開く考えを明らかにした。内堀知事は「県外からの方が集まりやすく、また公共交通機関を利用しやすいようJR主要駅の近くでの開催を予定している」と語った。

 全国新酒鑑評会で、7年連続で金賞銘柄数が日本一になったことを受け、首都圏での開催に加え、本県でも開く。

 内堀知事は「素晴らしい福島の酒を県内の皆さんにもっと知っていただきたい。そして県外からも足を運んでいただき、地元のおいしい食と一緒に味わってほしい」と語った。首都圏での開催も継続する考えで、内堀知事は「首都圏でのPRも重要。都内で福島の酒を味わえる飲食店などを紹介するサイト『福の酒』を活用し、認知度向上に努める」と述べた。