福島県2酒蔵「プラチナ賞」 仏一流ソムリエのクラ・マスター

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
表彰を受けた人気酒造の遊佐社長(中央)

 フランスの一流ソムリエらが日本各地の日本酒を審査する「クラ・マスター」コンクール純米大吟醸部門で人気酒造(二本松市)の「人気一 純米大吟醸」と純米酒部門の仁井田本家(郡山市)の「にいだしぜんしゅ 純米吟醸」がそれぞれプラチナ賞に輝いた。

 授賞式が9日、パリのOECD日本政府代表部大使公邸で行われ、人気酒造の遊佐勇人社長らが表彰を受けた。

 同コンクールは3回目の開催。純米酒、純米大吟醸酒、サケスパークリング・スタンダード、同ソフトの4部門に計720銘柄が寄せられた。90人以上の審査員が審査した結果、プラチナ賞計73銘柄、金賞計164銘柄が選ばれた。

 人気酒造からはこのほか、純米酒部門の「人気一 モダンクラシック純米吟醸5」、純米大吟醸酒部門の「人気一 モダンクラシック純米大吟醸6」、サケスパークリング・スタンダード部門の「人気一 あわ酒スパークリング純米大吟醸」、同・ソフト部門の「人気一 瓶内発酵スパークリング純米吟醸」がそれぞれプラチナ賞に次ぐ金賞に輝いた。

 両酒造以外の県内蔵元では、純米大吟醸酒部門の金賞にほまれ酒造(喜多方市)の「会津ほまれ 純米大吟醸」、サケスパークリング・スタンダード部門の金賞に豊國酒造(会津坂下町)の「瓶内二次発酵スパークリング TOYOKUNI」がそれぞれ選ばれた。