【維新再考・識者に聞く】半藤一利さん(6) 名前消された「朝敵藩」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 薩摩、長州など新政府側に対し、会津藩は筋を通すことを重んじた。しかし、この実直さゆえに、薩長に「政治力」で敗れたと言う作家半藤一利さん。「再考」の6回目は、戊辰戦争で敗れた側に対する「差別」について語る。

 敗者への厳しい差別

 会津藩と同じく、戊辰戦争で明治政府側と激しく戦ったのが長岡藩だ。ただ、長岡藩も、藩兵を指揮した家老の河井継之助も、会津藩とは(戦争に踏み出す状況が)かなり違う。

 会津藩には保科正之公の残した家訓がしっかりあるが、長岡藩の家訓らしい家訓は「常在戦場」。三河の時代からの家訓なのだが、抽象的。一方、河井継之助というのは、かなり激しく変わったところのある人物だった。

 会津の場合「家中一つになって徳川家のために守る」。継之助の場合は、徳川家がどうのこうのというよりも「おのが武士道とはなにか」と考えた。おのれが何かをやるために(長岡藩を戦争に)引っ張り込んだようなものだった。

 振り返ると戊辰戦争の奥羽越列藩同盟は、政治力のない人たちが集まりすぎた。そう言っては失礼だが、今も東北、北陸の人たちは、薩摩や長州とは違い政治力がない。

 薩摩藩などは江戸時代、密貿易で稼いでいた。密貿易ができるというのは、すごい外交力、政治力があるわけだ。やはり幕末というのは、(東北や北陸が)薩長にうまく乗せられたのだった。

 それで来年は「明治維新150年」というのを、わが日本国がお祝いするそうだ。しかし「何を抜かすか」―と。「東北や北陸の人たちの苦労というものを、この150年間の苦労というものをおまえたちは知っているのか」と言いたくなる。戊辰戦争の後、敗者の側は、さまざまに差別されてきた。

 分かりやすい例では、廃藩置県の時、県の名前と、(旧藩名を継承しているケースが多い)県庁所在地の名前が、同じではない県が例外的にできた。

 作家宮武外骨の著作「府藩県制史」所載の表を見ると、仙台藩などの「朝敵藩」と、金沢藩などの「(朝敵か否か)あいまい藩」は、新しく付いた県の名前が、旧藩の名前である県庁所在地名とは違っている。つまり、旧藩名と県名が同じではない県というのは、だいたい「賊軍」、ないしは立場が「あいまい」な県が多かった。

 また、長岡藩(朝敵)のあった新潟県の場合は、新潟市が県庁所在地になったが、廃藩置県当時、新潟市は小さな港町だった。そういう県もあった。熊本のように後から元に戻して県名と県庁所在地名を同じにした県もあった。

 こんなふうに廃藩置県では、朝敵か否かで対応を分けた。今は(戊辰戦争後の)差別といういうことをあまり言わないが、廃藩置県を行った1871(明治4)年の段階で、明治政府は、こうした(敗者に対する)差別を行っている。それは激しいものだった。
 《(編注)廃藩置県で261藩は3府302県に再編された。「府藩県制史」によると県名と県庁所在地の名前が違うのは17県。このうち14県が「朝敵藩」で、他の3県(滋賀、栃木、山梨)は小藩が合併してできた県。一方、朝敵側と思われながらも県名と県庁所在地が同じ県は六つあり、日和見や西軍への帰順が早かった県。会津藩の場合は、現在の会津地域と新潟県の一部が若松県となり、若松に県庁が置かれたが、廃藩置県の5年後の1876年、福島県に合併。二本松藩は、廃藩置県で中通りが一時「二本松県」とされ藩名が残ったものの、1カ月足らずで県庁所在地が福島町(現福島市)に移り、福島県に改称された。いずれにしろ朝敵とされた藩の名は多くの場合、県名から消された》

 軍隊でも、陸軍で中将になった人は1897(明治30)年の時点で、長州出身者が12人。薩摩が13人、高知が2人、福岡が4人。あとはほぼゼロ。近代国家が始まってから軍隊では長州と薩摩の人ばかりが偉くなった。(公家や大名、神職などを除く)華族の数も薩長が圧倒的多数を占めた。

 生活の面でも東北、北陸の人たちの苦労は相当なものだが、会津藩の場合は、斗南藩に追いやられた。私の聞いた範囲では「ゲダカ」「鳩(はど)侍」という言葉が残っている。食糧の乏しい未開の地で(雑草や豆など)粗末なものしか食べられなかった侍が、自分たちをさげすんで言ったそうだ。

 《(編注)斗南藩は名目3万石だが、領内は冷涼な気候で、未開の荒野が広がり、実際は7500石ほどの生産力しかなかったといわれる。そこに会津の人々、約2800戸、約1万7千人が移住。藩からのわずかな支給米を受けながらの開墾生活は、常に食糧不足と病気に見舞われ、冬季には多くの人が亡くなった。「ゲダカ」は、毛虫を指す下北地方の方言で、現地の人々は、生き抜くためなんでも食べる会津の人々をそう呼んだという。鳩侍は、豆ばかりを食べている―ことの意》(つづく)

 ※「戊辰戦争」「明治維新」を新たな視点で問い直す長期大型連載「維新再考」は、引き続き福島民友新聞で毎週月曜日に掲載します。どうぞお読み下さい。

              ◇              ◇              ◇

 はんどう・かずとし 1930(昭和5)年、東京都生まれ。旧制長岡中、東大卒。文芸春秋で「週刊文春」「文芸春秋」編集長などを経て作家に。毎日出版文化賞特別賞を受賞した「昭和史1926―1945」「昭和史 戦後編」など著作多数。幕末、明治維新については「幕末史」などがある。86歳。