新聞制作の工程学ぶ 福島の本内町内会が本社見学

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞について理解を深める参加者

 福島市の本内町内会いきいきサロンのメンバー約20人は14日、福島民友新聞社を訪れ、新聞の制作工程などに理解を深めた。

 参加者は新聞制作の様子を紹介する動画や14日の朝刊などを見ながら、新聞社の仕事を学んだ。紙面作りのコンピューターシステムが稼働する編集局整理部では、制作を担当する整理記者から説明を受けた。

 参加した同町内会長の藤森省一さん(63)は「新聞ができるまでのことが分かって、参考になった」と話した。