紙面作成や取材など学ぶ 福島・一小児童が本社で職場体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞製作について学ぶ福島一小の田中さん(右)と佐藤君

 福島一小の6年生2人は13日、福島市の福島民友新聞社で職場体験をスタートさせた。職場体験は同日と20日の2日間実施し、紙面作成や取材などを通して新聞社の仕事について学ぶ。

 同校の「子どもインターンシップ事業」の一環で、佐藤大悟君、田中碧月(るな)さんの2人が参加した。初日の13日は新聞ができるまでの過程を学んだ後、編集局を見学。見出しの付け方や読みやすいレイアウトなどの説明を受け、メモを取りながら熱心に話を聞いていた。

 佐藤君は「(新聞を作るための)工夫や時間への厳しさは、学校での活動に生かせる」、田中さんは「読みやすくするための工夫を聞いて、これから新聞を読んでみようと思った」と感想を話した。2人は今後、模擬取材や記事の書き方に挑戦する。