新聞製作の過程学ぶ 飯舘中生8人が本社見学

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
編集局で担当者の話に聞き入る生徒

 福島市飯野町の仮設校舎で授業を受けている飯舘中1年生8人が13日、福島民友新聞社を見学に訪れ、新聞が出来上がるまでの過程を学んだ。

 生徒は新聞作製のDVDを見た後、編集局を見学した。担当者の説明を聞き、読みやすい記事を書くための工夫や紙面が完成するまでの流れを確認。生徒は「自分たちで作る手書きの新聞と、パソコンを駆使して作るプロの新聞の違いに驚いた」と話した。