新聞制作現場に驚き 福島・岳陽中が本社見学

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
紙面レイアウトの説明を熱心に聞く生徒たち

 岳陽中1年生6人は7日、福島市の福島民友新聞社を訪れ、新聞社の仕事や新聞制作の工程などに理解を深めた。

 総合的な学習の時間の「地域調査活動」で訪問。生徒たちは新聞制作に関するDVDを見た後、コンピューターシステムが稼働する編集局のフロアを見学。記事の大小を決める価値判断、分かりやすい見出しの付け方、1日に何度も紙面を作り直すことなどについて、実際の紙面を見ながら担当者から説明を受けた。生徒たちはメモを取りながら熱心に聞いていた。

 参加者の大川颯斗(はやと)さんは「実際にコンピューターを活用して紙面を作っている現場を見て驚いた」と語った。