間寛平さんらとカステラ作り 笑って楽しく「食育」イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
お笑い芸人とカステラ作りに取り組む子どもたち

 福島県は18日、福島市で食育イベント「健康長寿 食育プロジェクトin福島」を開いた。参加した親子がタレントで「ふくしま健民プロジェクト大使」の間寛平さんらと一緒に楽しく食育を学んだ。

 県の「健康長寿ふくしま推進事業」として、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの企画で開催した。

 間さんのほか、バンビーノやぺんぎんナッツ、ビスケッティが登場。絵本「ぐりとぐら」を読み聞かせた後、絵本の中で「ぐり」と「ぐら」が作るカステラを参加者と一緒に調理、直径90センチのカステラを完成させた。

 イベントでは、県民の健康づくりをサポートする県のスマートフォン向けアプリ「ふくしま健民アプリ」の画面に、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人11組が19~31日の期間限定で登場することが発表された。