ウオークビズで従業員の『健康増進』 中合、徒歩通勤など促す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ガンバローコールで気分を盛り上げる従業員たち

 中合は1日、従業員の健康増進を目指して徒歩通勤などを促す「NAKAGO WALK(ウオーク) BIZ(ビズ)」キャンペーンを始めた。9月30日まで。売り場では歩きやすい通勤スタイルなどの提案も行う。

 従業員に歩く習慣を身に付けてもらい、健康で気持ちいい会社生活を過ごしてもらうことが目的。毎週水曜日を「スニーカー出勤デー」に設定し、スニーカー、ウオーキングシューズなど歩きやすい靴、リュックなど動きやすいスタイルでの通勤を促す。また、1日目標8千歩やダイエット目標など、約500人の従業員全員に独自に目標を立ててもらう。

 福島市の中合福島店で1日、キックオフ式が行われ、県民の健康増進を目的とした「チャレンジふくしま県民運動」を展開する県から安斎睦男文化スポーツ局長が出席した。黒崎浩一社長は「それぞれ具体的な目標を持って取り組んでほしい。福島に来て3キロ太ったので、私自身トップに立って頑張る」と従業員に呼び掛けた。