元気に体動かそう 大原記念財団が健康講座、石山波恵さん講師

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
楽しい講座を繰り広げる石山さん(左)

 大原記念財団の「大原けんこう講座スペシャル」は15日、福島市の大原綜合病院隣りの上町テラスにある大原記念ホールで始まり、約150人の参加者が健康長寿に有効な運動について楽しく学んだ。

 県民の健康寿命を延ばすことを目的に、9月まで4回開催される講座の第1回。同市の波恵ダンスが共催し、同社長の石山波恵さんが講師を務めた。

 石山さんは楽しいトークを繰り広げ、参加者と共に体を動かしながら運動の大切さを指導した。大原綜合病院の佐藤勝彦院長も講師を務め、「運動は中年以降であっても寿命を延ばす効果がある」と説明した。