「健民アプリ」新たにスタンプラリー機能追加 3市コース開設

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は1日までに、県民の健康づくりをポイント化するスマートフォン向けアプリ「ふくしま健民アプリ」に新たにスタンプラリー機能を追加した。同日までに作成した福島市と二本松市の2コースに加え、4日には会津若松市コースを開設する。

 県民が名所、史跡を実際に歩き、スポットごとにスマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)またはQRコードを活用してスタンプを獲得する仕組み。歴史情報などを確認することもでき、県民が楽しく学びながら健康づくりに取り組めるよう工夫した。

 4日には、会津若松市の「塩蔵2924」で、会津若松市コースの開設を記念したイベントを行う。