花見山歩き健康づくり 「ふくしま花ウオーク」美しい景色に笑顔

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ヒュウガミズキやトウカイザクラが咲き誇る花見山公園を歩く参加者ら

 福島県福島市の花の名所、花見山などを巡る春の恒例イベント「2019ふくしま花ウオーク」は6日、同市で開かれた。約1300人の参加者が見ごろを迎えた色とりどりの草花を楽しみながらウオーキングに汗を流し、健康づくりに励んだ。

 同市の信夫ケ丘競技場を発着点に、約11キロのコースでソメイヨシノなどピンク色に咲き誇る桜を眺めながら歩いた。花見山ではヒュウガミズキの黄色やトウカイザクラのピンクが優しいコントラストを描き、参加者は美しい景色の中、笑顔で歩を進めた。

 花もみもある福島路ウオーキング運営委員会の主催、福島民友新聞社、福島市、福島商工会議所などの共催。

 同運営委などが主催する第21回ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチも開催され、合わせて1800人を超えるウオーキング愛好者らが春の福島路を楽しんだ。