入れ歯の清掃

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 毎食後磨くことが必要

 
 入れ歯を使用している人は、口の中を特に清掃するように心掛けなければなりません。特にバネの部分や裏側には食べかすなどがたまりやすく、むし歯や口臭、口内炎などの原因になります。

 人の口の中では、唾液(だえき)や舌の動きなどによる自然の洗い流し作用がありますが、入れ歯を入れていると、大きな合成樹脂の板であごを覆ったようになるので、この作用にもほとんど期待できません。毎食後には入れ歯をはずして、歯ブラシで丁寧に口の中の自分の歯だけでなく、入れ歯全体もきれいに磨くことが必要です。

 さらに入れ歯洗浄剤を使用して、歯ブラシの届かない細かい部分の汚れも除去することが大切です。入れ歯洗浄剤には、汚れを科学的に溶かし去る作用があり、歯ブラシによる機械的清掃と組み合わせることにより、入れ歯を清潔に保つことができます。

 部分入れ歯の方で「私はもう入れ歯だから、むし歯にはならないので磨く必要はない」と思い込んでいる方がいますが、この考えは大きな間違いで、口の中を清潔に保つことは、健康を保つ上で大変重要なことです。

 総入れ歯の方も入れ歯の清掃はもちろん、食後は口をゆすいで、口の中に残った食べかすを除去する必要があります。