矯正治療の進め方

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 段階踏んで慎重に

 歯並びの矯正治療を受けようと思っても、「いきなり歯に金具を付けられるのではないか?」などと不安が先行し、歯科医院の受診をためらっている方も多いと聞きます。そこで今回は、意外と知られていない矯正歯科治療の進め方について説明したいと思います。

 (1)相談--「むし歯」などの治療とは異なり、矯正治療は初回から治療をスタートさせることはありません。まずは話し合いをします。予想される治療方法についても写真や模型を使って説明をしますので、不明な点があれば遠慮なく質問してください。

 (2)検査--矯正歯科では歯列全体の治療をするために、周到な準備と計画を立てる必要があります。そのため歯型をとるほか、レントゲンで歯の状態はもちろん、歯の土台となる顎の骨の状態まで調べます。また、子どもさんの場合には身体の成長段階も検査します。

 (3)診断--検査の結果を踏まえ、実際の治療内容・計画について詳しく説明します。治療期間や費用についての確認もします。

 (4)歯を動かす治療--いよいよ実際に治療開始です。症状に合わせた矯正装置を使用しながら治療を進めます。

 (5)動かした歯を押さえる治療--歯を動かした後で何もしないで放っておくと、歯がひとりでに元の位置に戻ってしまうことがあります。きれいになった歯並びを長く維持するためにも大切な治療です。通常、あまり目立たない装置を用います。なお、治療期間については、症状や年齢によって異なりますので、詳しくは矯正歯科医にお尋ねください。

(県歯科医師会)