6歳臼歯

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 乳歯と勘違い多く

 永久歯は六歳前後に生え始めます。最初に顔を出す永久歯は、下の前歯か6歳臼歯です。では、六歳臼歯はどこに出てくるのでしょうか。

 答えは、乳歯の奥歯のさらに奧から顔を出してくるのです。まだ6歳ではないから、永久歯が生えるのはもう少し先のことだと思ってはいませんか。5歳前後で顔を出す子もたくさんいます。また、最近は、歯磨きは子どもに任せきりで、お子さんの口の中をのぞいてあげることもなくなったのでわからないというお母さんはいませんか。

 この6歳臼歯こそが、永久歯の中で一番むし歯になりやすいのです。その第一の理由は、他の永久歯と異なり、生え替わる乳歯のないところから生えてくるため、乳歯だと勘違いしていることが多いということです。第二の理由は、出たての6歳臼歯は背が低いのでよく見えないということです。第三の理由は、歯の大きさが乳歯の奥歯より一回り大きく、かむ面のでこぼこが深く歯垢が付着しやすいためです。

 また、6歳ごろの子どもは、まだ手を十分に器用には動かせないため、生え始めたばかりの六歳臼歯まで十分に磨くことはできません。そのため、この時期の仕上げ磨きを怠ると、永久歯を虫歯にしないようにがんばろうと思っていても手遅れになってしまうかもしれません。

 手遅れにならないように以下のことだけはがんばりましょう。(1)夜寝る前には必ずお母さんが確認し、仕上げをする(2)ダラダラ食いをしないで(特に間食)、歯が汚れている時間を最小限にする。

(県歯科医師会)