成人の矯正歯科治療

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 20、30代の患者増加

 Q 歯並びが悪いことを長い間ずっと悩んできました。でも大人になってしまった今からでは歯並びの矯正(きょうせい)ができないと聞いたのですが?

 A 「歯やそれを支える歯肉や歯槽骨が健康であれば、何歳になってからでも矯正歯科治療は可能です」

 昔は「矯正は子どもの時にやるもので、大人では無理」といわれていました。確かに以前は、虫歯や歯周病などで口の中の健康が損なわれ、矯正治療で歯を移動させようとしても適さない状態になっている人が多かったために、矯正治療を受ける大人の方が非常に少なく、「矯正は子どもがやるもの」というイメージがついてしまっていたようです。

 しかし、健康意識が浸透した現在では、大人でも健康な歯や歯肉を持つ方が多くなり、特に20歳代・30歳代で矯正治療を受ける方が男女ともに多くなりました。

 大人の場合、やや歯が動きにくく、子どもの矯正治療と比べると治療期間が長くなりやすいことなど不利な点が少しありますが、基本的には同じ治療効果を得ることができます。また歯に付ける矯正器具も目立ちにくいものが普及してきましたので、外見にこだわる大人の方でも治療を受けやすい環境が整ってきたと思われます。

 矯正歯科治療によって見かけが良くなるだけではなく、歯みがきが容易になるなど、歯やお口全体の健康をさらに向上させることにもつながります。歯並びで悩んでいる方は矯正歯科医に一度相談してみてはいかがでしょうか。

(県歯科医師会)