妊娠中のお口の管理

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 正しいブラッシングをしよう

 よく「妊娠すると赤ちゃんにカルシウムをとられて歯が弱くなるのでは?」と相談されるお母さんがいますが、これは科学的裏づけはありません。

 確かに胎児は必要とするカルシウムを母親の血液から吸収します。しかし、母体の血中カルシウムは、母体の骨の代謝によって供給・維持されており、歯の代謝によって歯からカルシウムが溶け出すことはありません。

 妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れやすいため、唾液(だえき)中のpHが低くなってむし歯ができやすい環境になります。また、つわりやストレスから精神的に不安定になり、お口の管理意欲が低下しがちになります。

 このように、妊娠はむし歯や歯周病の直接的な原因ではないものの、間接的な要因になりえるのです。それでは、どうしたら妊娠中のお口の健康を維持できるかといえば、理想的には妊娠する前にむし歯や歯周病の治療を済ませておくことでしょう。

 しかし現実問題、なかなか理想的には行きません。そんな時、かかりつけ歯科医に相談し、ブラッシング指導を受けてみてはいかがでしょうか。正しいブラッシングをすることで妊娠性歯肉炎等の予防にもつながります。

(県歯科医師会)