メタボと歯周病の関連

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 生活習慣病

悪化要因に

 本年度より健康診断にメタボリックシンドローム検診が加わり、テレビや雑誌でずいぶん話題になり、40歳以上の方々は血中脂肪や肥満について気にすることが多くなってきていることと思いますが、近年の研究でそのメタボと歯周病に関連性があることが分かってきました。

 太りすぎの人はやせている人に比べて8倍以上歯周病が悪化しやすく、逆に歯周病患者は健康な人に比べて血液中の中性脂肪の濃度が高いという調査報告や、歯周病原菌が血液中の脂肪細胞に影響を及ぼして血液の病気や動脈硬化、そして糖尿病をも悪化させる可能性が高いという実験結果が出ているのです。

 つまり歯周病はメタボリックシンドロームにかかわる生活習慣病の各疾患を悪化させる要因になっており、さらにそれぞれの疾患が組み合わさることで合併症を引き起こす可能性が高くなると考えられるのです。

 メタボの予防・治療には適度の運動の継続と食事のカロリー制限が効果的といわれていますが、一度かかりつけの歯科医院を受診して歯周病の検査・治療などもおこない、全身の健康に生かしてみてはいかがでしょうか。

(県歯科医師会)