義歯性口内炎

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 入れ歯の内面に細菌増殖

 新しい入れ歯を歯科医院で装着してから一度もはずしたことがないという患者さんがまれにおられます。その患者さんの入れ歯をはずしてみると、入れ歯の内面には食べかすなどがべっとり付いて異臭を放ち、入れ歯で覆われている歯肉は赤く腫れています。

 これは義歯性口内炎の症状です。義歯性口内炎は入れ歯の内面にたまった食べかすに細菌が増殖したもの(デンチャープラーク)が原因です。デンチャープラークからはカンジダ菌というカビの一種が検出され、これが歯肉に炎症を起こす原因となるのです。

 これを予防するために大切なことは入れ歯を常に清潔に保つことです。入れ歯の清掃方法は流水下で義歯ブラシを使ってよく磨くことです。

 その際にブラシには歯磨き粉はつけないで磨いてください。なぜなら、歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、細かい傷をつけてしまい、かえって菌のたまり場を作ってしまうからです。

 しかし、ブラシで磨くだけではカンジダ菌を主体とするプラークを除去することはできないのでカンジダ菌などを殺菌する薬剤が含まれている入れ歯洗浄剤にブラシで磨いた後につけておくことをお勧めします。

 デンチャープラークは義歯性口内炎の原因であるばかりでなく、誤嚥(ごえん)性肺炎の危険性が高まる原因とも考えられています。

 毎日を快適に過ごすために入れ歯は清潔に保ちましょう。

 

(県歯科医師会)