矯正治療方法の決定

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 歯並び、かみ合わせを分析

 矯正治療には、数多くの治療方法や装置があります。歯並びやかみ合わせにはさまざまな状態がありますが、その状態に合わせて治療方法を選択するのです。治療方法の決定は、精密検査で得られる結果を基に、歯並び・かみ合わせの状態を専門的に詳細に分析することで割り出します。また、成長期と成人でも大きく違ってきます。

 治療に際して重要なのは、歯並びやかみ合わせの問題点に対して有効な治療方法を選択することにあります。それは、かみ合わせの状態によってふさわしい治療方法があるからです。それを見誤ってしまうと、治療期間がかかるだけでなく良いかみ合わせにならないこともあります。

 例えば、成人の矯正治療で最も一般的な装置はマルチブラケットと呼ばれるもので、歯の一本一本にボタンのような金具を接着して針金の力で歯を動かすものですが、これが選択されるのは、現在最も効果的かつ効率的に治療ができ、ほぼすべてのかみ合わせの治療に幅広く適用できるからです。見た目を気にされる方のために歯の裏側に付けるブラケット装置もあります。

 また、その他の装置としてマウスピース矯正や床矯正などがありますが、あくまでそれらは装置の選択肢の一つにすぎず、適応症を見極めることが重要となります。良い治療を受けるためには、それぞれの利点や欠点を比較検討しながら、最も納得のいく治療法を矯正治療担当医と相談して決定することが重要なのです。

(県歯科医師会)