歯ブラシの使い方

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 力を入れずに小刻みに

 先日、歯ぐきが腫(は)れて痛いという患者さんが来院しました。口の中は、切れたような傷があるだけで、腫脹(しゅちょう)は見られませんでした。話を聞くと、最近、歯ぐきからの出血が気になってきたので、歯周ポケットも磨けるという歯ブラシを使い始めたとのこと。実際に歯磨きをしてもらうと、歯ブラシをぎゅっと握りしめ、大きく、ゴシゴシと力を入れて磨いていました。これでは、歯周ポケットの中を清掃するどころか、とがった毛先で歯肉を痛めます。歯ぐきの傷は、歯ブラシの誤った使い方によってできたようです。

 このような歯ブラシのCMがTVで流れていますが、毛先で歯周ポケットの中の汚れをかき出すシーンの後に、俳優さんが歯磨きをしているシーンが出てきます。多くの人は、俳優さんの顔の方に注意が向きますが、この時の歯ブラシの持ち方、動かし方をよく見てください。鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、小さく小刻みに動かして、しかも同じ所をずっと磨いています。歯周ポケットのブラッシングは難しく、自己流ではなかなかうまくいきません。一度、歯科医院で磨き方を見てもらってください。

 使用目的の限られた歯ブラシや補助器具が、数多く出回っています。簡単な器具ゆえに自己流で使ってしまいがちですが、正しい使い方をしないと十分な効果が上がりません。

(県歯科医師会)