歯垢除去

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 歯周組織

症状見極め治療

  歯の表面には歯垢(しこう)が沈着することはよく耳にされると思います。歯垢が軟らかいうちは十分なブラッシングで除去できますが、長期間歯垢が除去されず硬くなってしまったり、歯石になってしまうとブラシでは取れませんので、機械により除去するようになります。また歯石がそれほど沈着していなくても、歯の表面の汚れの原因の「膜」を取り除くことにより菌を付着しにくくさせます。これを「スケーリング」といいます。

 歯垢や歯石は簡単にいえば細菌の塊でもあります。したがって深い部分(根の面)に歯石などがある場合、初期の時点からそれを無理に除去するとかえって歯周疾患の症状を悪化させることもあるため、まずは浅い部分のスケーリングをした後、あらためて麻酔や表面麻酔をして深い部分の歯石などを除去します。これをSRP(スケーリング・ルートプレーニング)といいます。場合によっては不良な歯肉の掃除(掻爬(そうは))を行うこともあります。

 それでも症状が治まらない場合は、外科的にもう一歩踏み込んだ治療の必要性が出てきます。

 歯石などの除去に当たっては除去自体が歯周組織に刺激になり、一時的に歯肉を腫れさせてしまうことがまれにありますので、基本的に1回で全部の歯にスケーリングすることは残存歯が少ないとき以外はありません。

 そして虫歯の治療とは違い、歯周組織の症状を見極めながら治療を進めていきますので「あと何回」で終了できるとは断言できません。少しゆっくりでも良いですから「症状安定」までは定期的に経過を追うように心掛けてください。

(県歯科医師会)