処方薬がある場合

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 必ず歯科医にも知らせて

 患者さんの中には数カ所の診療科に通院し、いろいろな薬を処方されていても、「これは歯科とは関係ない薬だ」と自己判断して治療開始前に申し出ず、後になって「実はこういう薬を飲んでいるんです」と言われる方がいます。

 確かに歯科治療に支障のない薬も多いですが、薬同士の飲み合わせがあったり、その薬を処方されていることで、患者さんに対する歯科治療の方針を新たに決めなければいけないなど重要なことが幾つもあります。それは抜歯のときなどに限られたものではありません。使用する機器や材料、時には歯科治療自体の刺激が患者さんの体に負担となることさえあります。

 多くの種類の薬を処方されている場合は、何科で何をもらった、新しく薬を替えた、量が減った、休薬したなど、いろいろあって忘れてしまうこともあるでしょう。処方内容を適宜見せていただくことが望ましいとは思いますが、そこまででなくとも「だいたいの薬の内容」を教えていただければ参考になります。

 例えば「骨粗しょう症の薬」「産婦人科の薬」「肝臓の薬」「不整脈の薬」「血液をさらさらにする薬」「血圧の薬」「糖尿の薬」...といった具合です。また、血圧や血糖値のことを言われたが、まだ治療は始まっていないといった場合も教えていただければと思います。

 もう一点は、ペースメーカーをはじめ各種医療機器を装着されている場合やホルダー心電図の検査中の場合なども、電気を使う歯科治療器具が機器に影響することもあります。口頭ではなくメモなどでも結構ですので、治療の参考にさせてください。

(県歯科医師会)