お口のキュアとお口のケア

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 おいしく食べるために

 「食べることは人にとって単なる本能的な行為ではなく、より良く生きたいと願う生活の質、生きる意欲の向上につながり、生きる喜びとなる」。いわき食介護研究会の故市川文裕代表の言葉です。

 誰でも自分の歯でおいしく食べたいと思っています。しかし高齢になるに従い、歯に関する悩みを抱えている方も多いと思います。

 病気やけがのために、在宅で寝たきりになった要介護者にとっては、さらに深刻で、後遺症による手のまひや口の機能の障害、かむ力の衰え、飲み込みが悪くなるなど、自分の力で食事をすることが困難になってきます。

 その上、歯が痛かったり、歯ぐきが腫れるなど、お口のトラブルがあると食欲も低下し、全身の健康も損なわれることにもなりかねません。寝たきりになってしまっても、健康を維持し、自分の歯で食べられることは大事なことです。

 歯ブラシの大きさ、硬さはいかがでしょうか。場所によっては、補助的な歯磨き用具を使うことも必要です。

 歯ブラシが使えないときには、巻き綿棒や指ガーゼで、口の中の汚れをふき取ることも大事です。

 「虫歯がある」「歯ぐきが腫れた」「入れ歯が壊れた」などの症状がありましたら、かかりつけ歯科医院へ。

 通院の困難な方は、かかりつけ歯科医院や県歯科医師会、地域の歯科医師会、保健センター、保健所などにお問い合わせください。

(県歯科医師会)