かぶせ物の材料は何がいい?

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 特徴を知り、合ったものを

 かぶせ物の材料は大きく分けて金属、プラスチック、セラミック、ハイブリッドセラミックに分けられます。それぞれに利点、欠点があるため、個々人、部位によりどれを選択するかは、歯科医でも悩むことがあります。

 保険が利く金属は、天然の歯よりかなり硬く、かみ合わさる歯をすり減らしてしまう半面、丈夫さ、費用の点でメリットが大きいです。

 プラスチックは、比較的低価格で、入れたときの見た目の良さで優れますが、天然の歯より軟らかで、すり減りやすく、黄ばみ、黒ずみやすいということがあります。

 セラミックは、天然歯に近似した色つや透明感が長期間持続します。表面はガラスのようにつるつるで汚れが付きにくく着色もしませんが、天然歯よりは硬く、わずかにもろい性質です。

 ハイブリッドセラミックは、セラミックにプラスチックを混ぜた材料で、セラミックに近い性質を持ちます。透明感、変色の点でセラミックより劣るものの、ちょうどいい硬さで割れにくくかみ合う歯に優しい利点があります。

 このような特徴を考慮し、歯科医とともに自分に合った材料を選ぶのも楽しいものです。服を選ぶとき、見た目、生地の丈夫さ、価格で検討するのと同じです。一概にどれが一番でなく、あなたがいいと思う材料を選ぶのが一番ではないでしょうか。

(県歯科医師会)