歯の間に食べ物が詰まる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 早期の歯科受診がお勧め

 成人の歯科健診に行くと、アンケートの「歯の間に食べ物が詰まる」というところに○を付ける方が多く見受けられます。そのほとんどの方が痛みなどの症状もなく、この状態が病的だという自覚がないようです。

 歯の間に食べ物が詰まることが繰り返されると、その部分に細菌が増殖しやすくなり、歯周病や、歯の脇の面がむし歯になるリスクが高まります。また、それ以上に食べ物が詰まるということは何かしらの原因があることが考えられます。

 見た目にはきれいな状態に見えても、歯と歯の間にむし歯ができていたり、歯周病で歯が動いたり緩んでいたりします。また、食いしばりなどで歯と歯の間が広がっていたり、歯が欠けていたりすることもあります。そのどれもが無症状なことが多いのが厄介なところです。

 特に原因疾患がなく、歯の間に食べ物が詰まることから起こる二次的な歯周病を防ぐことが大切です。また、むし歯になっていなければ、今後ならないような磨き方や管理の仕方を指導してもらうことをお勧めします。つまようじをずっと使っていることは好ましくありません。

 すでに原因疾患や二次的な疾患になっていれば、適切な治療を受ける必要があります。歯の間に食べ物が詰まるようであれば早期の歯科受診をお勧めします。

(県歯科医師会)