知覚過敏

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 しみ感じたら早期受診を

 むし歯でないのに空気や冷たい水で歯がしみたり、ブラシをすると毛先で不快な痛み(しみ)を感じる場合があります。これは知覚過敏症が疑われます。

 知覚過敏症とは歯牙の外側を覆っている硬いエナメル質がさまざまな原因で摩耗し、内側の象牙質が露出してしまい、知覚のセンサーである神経の組織に達することで症状が出るものです。

 さまざまな原因とは〈1〉硬い歯ブラシで力を入れて磨きすぎ、歯の表面を傷つけてしまうもの〈2〉咬(か)み合わせにより歯に歪(ゆが)みが生じ、しみてくるもの〈3〉歯周病のため、歯槽骨が退縮して歯の根の部分が歯ぐきより出てしまってしみるもの〈4〉外見上はむし歯ではないが、歯と歯ぐきの境目に歯垢(しこう)がたまり表面を溶かしてしみるもの--などが挙げられます。

 治療方法としては、歯科医院を受診し正しいブラッシング方法を教わること、知覚過敏症専用の薬剤を塗布してもらうこと、歯石を取り除いてもらうこと、合成樹脂を詰めてもらうことなどです。また、市販の知覚過敏予防の歯磨剤も有効な方法かもしれません。

 歯のしみを感じてきたら初期治療が大切なので早めに受診されたほうがよいでしょう。

(県歯科医師会)