歯科とたばこ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 本気で禁煙考えましょう

 「歯科とたばこ」。何の関係があるの? と思うかもしれませんが、関係があるんです。

 あらためていうまでもなく、たばこが体に良くないことは皆さん知ってはいるはずですが、自分は大丈夫だという根拠のない自信を持っていたり、やめたくてもやめられないという方がほとんどだろうと思います。

 たばこを吸って一番影響を受けるのが血管です。

 たばこのニコチンが血管を収縮させます。さらに血液をどろどろにし、末梢(まっしょう)へ新鮮な酸素と栄養素を十分に届けられなくなります。

 口の中の組織に酸素と栄養を運ぶ血液が流れるのは、ほとんどが細かい末梢血管です。たばこを吸うとただでさえ細い血管がさらに細くなって、どろどろした血液をうまく通してくれなくなり、口の中が栄養不足になってしまいます。そうなってしまうと歯の周りの組織の疾患である歯周病は治りにくくなってしまうのです。

 永久歯の抜歯原因は1位が歯周病、次がむし歯と続きますが、日本人男性の喫煙者を対象にした調査によれば、喫煙者は非喫煙者と比べて早く、そしてより多くの歯を失う結果となっています。

 たばこを吸っている本人のみならず、周りの受動喫煙でもむし歯・歯周炎のリスクは高まるともいわれています。禁煙、本気で考えましょう。

(県歯科医師会)