早期の歯科治療

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 晴れの日を「ハレバレ」と

 「あさって、子どもの卒業式なんですけど、私の前歯がないのでなんとかなりませんか」と、マスクで顔を隠して来院した女性。別の日には、「来月、娘の結婚式なんだけど、前歯がないので作ってください」と、モゴモゴと話しにくい様子で来院した男性。

 どちらの方も口の中を診てみると、前歯がないのは1本や2本ではなく、奥歯も大小さまざまなむし歯になっていたり、なくなっていたり、残っている歯も歯周病でグラグラになっていたりしていました。もう何年も歯科医院を受診せず、問題の前歯がない状態も実は数カ月も前から放置していたとのことです。

 小さなむし歯1本でしたら1回の治療で完了することもありますが、1本のむし歯でも進行した大きなむし歯であれば、型取りが必要になったり、歯の根の治療が必要になったりと、治療の時間・回数が増えます。むし歯が多数であったり、歯周病が進んでいたり、歯がなくなっていたりと、治療が必要な歯の本数や範囲が増えるとさらに治療の期間が長くなります。

 形態的(見た目)だけでなく、機能的(食べる・話すなどのはたらき)にも回復をすべく治療するのですから、重症なほど時間がかかるのです。

 晴れの日をハレバレとした口元で迎えるためには、日ごろから口の管理に目を向け、余裕を持って準備することをお勧めします。

(県歯科医師会)