「治療の中断」 悪化し抜歯することも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 歯が痛くなって歯科医院に通院し、その後痛みが消えたことや費用と回数の問題などで、ついつい治療を中断した経験のある人はいませんか? 歯科治療を中断すると、かえって費用や通院回数が増えたり、最悪の場合は抜歯が必要になることもあります。

 例えば、歯の神経を取ったまま放置すると歯が折れたり、根の先にうみの袋(根尖(こんせん)病巣)ができて再び痛みが襲ってくることもあります。また、抜歯後そのままにしておくと、周囲の歯が動いてかみ合わせが狂ってきますので、適切な補綴(ほてつ)治療(かぶせ物や入れ歯など人工の歯で補う治療)を受け、型を取った後はなるべく早く入れましょう。歯は動くので型を取ってから時間が経過すると合わなくなり、作り直す結果となってしまいます。仮歯は長期間使用する材質ではなく仮に付けているだけですので、取れやすく壊れやすいです。かみ合わせも狂ってきます。

 応急処置(歯の痛みや歯肉が腫れたなど)は一時的な処置であり、完治ではありません。痛みが出た時だけ歯科医院に駆け込んでいると、助かる歯も抜かなくてはいけなくなることにつながります。歯科医院への通院を開始したら、最後まで治療を受けてください。それが歯の寿命を長くし、費用も回数も少なくて済みます。自分の歯の寿命をできるだけ長くするために、自身の意識を変えることも大切です。

 (県歯科医師会)