DNA傷ついても修復可

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私たちの身体のそれぞれの細胞の中には、生きていくために必要な情報が記載された設計図が備わっています。その設計図の原本のことをDNA(ディーエヌエー)と呼びました。

 DNAは放射線やさまざまな原因によって傷つきますが、われわれにはそれを修復する機能が備わっています。そしてそれと同時に、傷が大きくて修復できないと判断した場合、その細胞の機能を停止し、身体から排除してしまうこともできます。

 車の故障に例えると、できるだけ修理はするものの、修理できないと判断した場合は廃車にしてしまうこともあるのです。

 すると問題は、その車を修理したつもりでも、不十分・失敗している場合です。そのような不良品の状態だと、普段の走行に問題なくとも、次の何か小さなトラブルが大事故につながることもあり得ます。

 DNAの修復が不完全な細胞が生き残る場合、必ずがんになるわけではありませんが、それがその後のがんにつながることがあります。