歯で人生が変わった...という話

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あなたの笑顔    元気をサポート
 みなさんの笑顔と元気をサポートする「健康ジャーナル」。塩田博文歯科(棚倉町)の塩田博文先生が担当する歯の健康シリーズのスタートです。
歯で人生が変わった...という話
歯科医師 塩田 博文先生
1980年に神奈川歯科大学を卒業。同年、故郷の棚倉町に塩田博文歯科を開く。95~96年、日本歯科医師会生涯研修セミナー「無歯顎の臨床」講師。2002年より塩田義塾塾長。「実際的総義歯づくり」(わかば出版)、「歯が痛くない時読む本」(砂書房)など著書多数。
 

 「きのうの宴会の食事、残念だったな。大好きなステーキ、残念だったな...」と残念さを強調してとってもがっかりした様子の患者さん。私が作った義歯が当たってうまく食べられなかったらしいのです。もちろん責任を感じて申し訳なくもありました。

治療したことが選挙の好結果に

 実は、この方は選挙に出ると決心された翌日に私のところに来たのでした。義歯を支えている歯を抜いて8か月位経過していて、抜いた所は吸収といってへこみ、その結果、義歯が下がって当たりが出たということです。それはそれで補正修正しなければならないケースでしたが、その後、超忙しくなってしまったのだそうです。

 しかし、とにかく選挙に出ると決めたら即、歯の治療をしようというのはなんとも偉い! こういう人に政治を任せたら、住民は幸せになると私は確信したのでした。神様も力を貸してくれたのか、あまり準備期間はなかったのですが見事当選したのでした。  心の中では、私が歯をきちんと治してあげたので、辛く苦しい選挙戦でも歯を食いしばって頑張れたから勝てたのだと強く思ったりしております。

 いや、選挙に勝てたのは歯を治して戦をしようという良い心掛けを持てる人だから、勝つのは当然の帰結なのでしょう。  ここまで書きますと、どうも作られた話ではないかと賢明な方は思われるかもしれませんが、本当の話なのです。  このあと書きますのも実話なので、疑いを持たずにお読みください。

彼女を歯の痛みから救った彼

 これは聞いた話なので、その時点で本当の話ではない可能性がありますが、その話をしてくださった方は、とっても感謝している様子でしたので、本当かと思われます。そのお聞きしました内容を書きます。  

 いつになく元気がないというか不機嫌な彼女。彼が「どうしたの?」と軽く尋ねると「歯が...」と答えたのだそうです。「なぁんだ、それならそうと早く言ってくれればいいのに」と軽いノリで返したら、今まで彼女がそんなに怒ったことはない声で「私、帰る!!」と言われたそうです。歯の痛みを知らない人はいないので、その彼は反省して早速、私のところにTELをくださいました。

  もちろん、痛い患者さんは予約の方々を飛ばして診てさし上げたのでした。治療が終わり、「ごめん、言ってくれればすぐにでもデートを中止して...。君の苦しんでいるのを見るのは辛い」と彼は涙目になったらしいです。  幸い治療は麻酔をして神経を取りましたら、夢のような改善でした。その後のハッピーエンドというのは皆様が想像するところで、本当に"歯ッピーエンド"でした。

 そして彼女は「あなたって頼りになる人。すぐ歯医者さんに連れて行ってくれて、患者さんが多いのにすぐ診てくださったわ。あなたって顔も広いし信用もあるのネ」と話をして、とんとん拍子のゴールインでした。  

私も信じられない話なのですが、二人の人生を決めることに関わったと知ると、この仕事も満更でもないと思いました。

ついでの話ではありますが...

 ここまで来ましたらもう止まりません。ついでに別の結婚の話も。  歯に関しては特に理解のある父を持った娘さんの話です。以前も書きましたが、親が歯が悪ければ子供もという、DNAというか遺伝があります。  

 聞くところによりますと、お父様も大変歯で苦労されたとのこと。歯の痛みはもちろん、歯が無くなると食べ物がうまく食べられないという悩み深い人生を送っているので、歯の治療には特に熱心で、お金がかかっても仕方がないというか、高額な治療も積極的にする考えをお持ちのようです。  

 したがって娘さんは最高級のものを入れてらした。東京での治療ですので、かなりの額であったと聞きます。  お金を払う立場からすると高額というのはあまり歓迎しないのですが、女性は歯医者さんというのは儲かる職業という感じにとらえたようです。  

 さてこの先お金持ちの歯科医と結婚なんていう話は世の中にはあまりないのですが、美人が好きな歯科医がいて、これまた話がとんとん拍子で進み、めでたく結婚したそうです。女性と父は夢のような結末でメデタシメデタシでした。  

 しかしながら、お金持ちと思った歯科医師が意外や意外、そうでもなく、ワーキングプアではないかと思うほどお金に縁が無い人だったりして、そうは世の中うまくいかないと、ほかの人たちはホッとして胸を撫で下ろしたりすることもあったりします。  

 この結末は歯で人生が良い方向に変わったということでもないのかも。この話も本当の話で、私のごく身近な方ですので間違いありません。

月号より