「足腰の健康」を維持して秋を満喫!!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

あなたの笑顔    元気をサポート
 みなさんの笑顔と元気をサポートする「健康ジャーナル」。マブチ メディカル クリニック(東京・港区)の馬渕知子先生の「福島の食」でカラダを元気に美しく!!シリーズです。
「足腰の健康」を維持して秋を満喫!! 
医師 馬渕 知子先生
東京医科大学医学部医学科卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。その後、東京都港区にマブチメディカルクリニックを開設、現在に至る(院長)。内科学・皮膚科学が専門だが、あらゆる科と提携を結び、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。2012~15年「会津エンジン」講師。テレビ出演、著書も多数。
 
 

          

 食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、そしてスポーツの秋。「秋」は多種多彩に活動が楽しめる季節ですが、カラダが健康で元気でなくては始まりません。その中でも、注目を集めているひとつが「足腰の健康」です。自分の好きなことを思うがままに行いたいと思ったときに、カラダを自由に動かせなければ、十分に自分自身を発揮できない可能性があるからです。  

 今回は、スポーツの秋でもあるこの時期に、足腰を丈夫に保つ秘訣を考えていきたいと思います。

平均寿命ではなく健康寿命

 日本人の長寿は世界でもトップクラス。平均寿命は、男性が80・98 歳、女性が87・14歳(2016年)と、男女ともに80歳を超えています。しかしながら、残念なことに健康で活動的に自分自身で生活できる期間である「健康寿命」は、平均寿命に比べると男女平均して約10年近くも短いのです。つまり、私たちは長生きできても、誰かのお世話にならないと生きていけない期間が10年近くあるということです。

 誰でも同じだと思いますが、最後の最後まで、自分で考え、自分の好きなように食事をし、自分の行きたい所に自分の足で行きたいと思うものですよね。ですから、大切なことは健康寿命を充実させることなのです。

寝たきりになる理由は?

 健康寿命を短くしてしまう大きな原因のひとつが「寝たきり」です。いわゆる「寝たきり」という状態は、食事、入浴、排泄など日常生活のほとんどが誰かの手を借りなくては行えず、自分自身でできることが極端に少なくなってしまいます。  では、寝たきりになってしまう原因は何なのでしょうか?

 グラフをみてみると、4位に「骨折・転倒」、5位に「関節疾患」と足腰に関係する原因が入っており、この2つを合わせると22・7%と、原因の1位になってしまいます。つまり、寝たきりにならないためには、骨や関節、筋肉などを丈夫に保ち、足腰の元気を維持することが重要なポイントだとも言えます。

足腰の健康は食事から

 足腰の健康を維持するための基本は「食生活」です。私たちのカラダは、一生にわたって同じものが使われるのではなく、常に入れ替わっています。日々、古くなった細胞、病気になった細胞、役目を終えた細胞などは壊されて、新しい細胞がつくられており、たとえば、骨の細胞は約6か月程度で入れ替わっていくと考えられています。

 ですから、毎日新しい細胞をつくるための材料を食事から補給しなくてはいけません。

 骨・関節、筋肉などを丈夫に保つためには、これらの材料となるタンパク質、コラーゲン、カルシウム、マグネシウム、コンドロイチンなどを適度に毎日とることが必要です。  そこでオススメ食材が「魚介類」。特にまるごと食べられる魚であれば、タンパク質以外のコラーゲンやカルシウムなども総合的にとることができ、カラダの材料として活用されやすいという利点があります。

 福島県は、魚の種類に恵まれた県のひとつ。親潮(寒流)と黒潮(暖流)がぶつかる潮目の海である常磐沖では、魚のえさとなるプランクトンが多く発生することで、メヒカリ、タラ、ヒラメ、サンマ、カツオなど豊富な海の魚がとれます。一方、海の無い会津では、代わりにアユ、イワナ、ハヤ(ウグイ)、ヤマメ、コイなどの淡水魚が昔からよく食され、食文化が発達してきました。

 これらの魚は皮ごと、まるごと食べられるものも多いというだけではなく、EPAやDHAといった良質な脂も含まれているので、健康を維持するためには活用したい食材です。

適度な運動も忘れずに

 骨や関節、筋肉などは、残念ながら材料をとっただけでは、健康な状態を維持することはできません。骨も筋肉も適度な刺激を受けることで、さらに丈夫な骨や筋肉に成長しようとするからです。スポーツ選手が筋力トレーニングを欠かさずに行う理由も、トレーニングすることで筋肉がもっと大きく、もっと強くなろうとすることにあります。

 私たちはスポーツ選手ではありませんから、激しいトレーニングは必要ありませんが、適度に骨や関節、筋肉に刺激を与えることは大切です。1日15分前後の軽い散歩、日常生活での家事、寝転がった状態で足の上げ下げなど、ささいな運動でも丈夫な足腰をつくるためには役立ちます。  

  ◇   ◇   ◇

 食欲の秋でもあるこの時期。福島県の秋は、美味しい食材が目白押しです。美味しい食材を美味しく食べながら、適度に運動することが若々しいカラダを維持する秘訣になります。

10月号より