除染作業員装った少女盗撮容疑の男は「福島の団体職員」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島北署は8日、県迷惑行為等防止条例違反の疑いで5日に現行犯逮捕した男が福島市、団体職員、容疑者男(41)だったと発表した。

 容疑者は逮捕当初、自称南相馬市の除染作業員(43)と架空の人物を装い、身元を偽っていた。同署が捜査を進め、身元が判明した。

 同署によると、容疑者は「身元がばれたくなかった」などと話しているという。容疑者は5日、福島市のスーパーで買い物中の少女(19)のスカート内をデジタルカメラで盗撮した疑いで逮捕された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区