裁縫針に感謝 郡山・今泉女子専門学校で針供養祭

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
針への感謝の気持ちを込めて供養する生徒

 郡山市の服飾専門学校「今泉女子専門学校」は8日、同校で古くなった針を供養する恒例の針供養祭を行い、日ごろ使用している針に感謝した。

 針供養は、折れたまち針や縫い針をこんにゃくや豆腐などやわらかいものに刺していたわる行事。昔からの習わしで針仕事を休むとされている2月8日に毎年行われている。

 生徒や教職員約120人が出席した。

 神事が行われ、生徒一人一人が自分で作った着物やドレスを着て、花で飾られた豆腐に曲がった針を刺した。

 生徒は針への感謝の思いと、裁縫技術の上達へ向けて気持ちを新たにした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区