福島県版「一番搾り」7月発売 キリン・橋本福島支社長PR

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
7月に発売される「一番搾り 福島に乾杯」を紹介する橋本支社長

 キリンビールは7月18日、「一番搾り 福島に乾杯」を県内限定で発売する。

 47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる「47都道府県の一番搾り」プロジェクトで昨年、発売した商品の味覚を変えず、地域に親しみを持ってもらえる名称に変更した。華やかな香りと爽やかな飲み口が特長でアルコール度数4.5%。350ミリリットルと500ミリリットルの缶、中瓶でオープン価格。さらにエリアごとの地域詰め合わせセットを新たに全国の店頭で販売する。4月25日から順次、発売予定。

 キリンビール福島支社は「福島に乾杯」の地域での楽しみ方を検討するワークショップを開き、地元の意見を反映させながら事業を展開する。

 同支社の橋本岩男支社長は9日、福島民友新聞社郡山総支社を訪れ、新商品をPRした。また、今年の事業方針を示し、「『一番搾り』と、少量多品種のクラフトビールを柱にビールの魅力を発信していく」と話した。