渡辺氏公認を党本部に申請 次期衆院選・福島4区で社民県連

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 社民党県連は20日、福島市で三役会議を開き、次期衆院選福島4区について、党県連幹事長で新人の渡辺敏雄氏(68)=会津若松市=を公認候補として党本部に申請することを決めた。同日中に党本部に申請した。早ければ22日にも党本部が正式決定する。

 渡辺氏は郡山市出身、日大東北高卒。党会津若松総支部書記長、党県連副代表を経て、3月に党県連幹事長に就いた。

 福島1、3区については民進党現職と選挙協力を進める。2、5区について佐藤龍彦県連副幹事長は「できる限り早く結論を出せるよう努力しているところ」と述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ