細野氏「東北に候補者擁立を」 衆院解散見据え新党結成進める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 衆院解散を見据え、国政政党の結成を進めている細野豪志元環境相は22日夜、東京都内で福島民友新聞社などの取材に応じ、東北での候補者擁立について「福島を含めた東北、中でも東日本大震災で大きな被害があった地域は大変重要。支援をいただけるような候補者を出したい」と述べた。

 ただ、候補者を擁立する具体的な選挙区については「どこの県で何人ということを決めているわけではない」と述べるにとどめた。

 細野氏は、小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員らと新党結成を目指しており、首都圏を中心に全国に候補者を擁立する方針を固めている。