比例東北ブロックに矢内氏擁立 幸福実現党が公認候補発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 宗教法人「幸福の科学」を支持母体とする政治団体「幸福実現党」は25日、次期衆院選の公認候補74人を発表した。内訳は小選挙区33人、比例代表41人。このうち比例東北ブロックには、新人で党総務会長・出版局長の矢内筆勝氏(56)=金山町出身=を擁立する。

 矢内氏は福島民友新聞社の取材に「北朝鮮のミサイルの脅威が現実になる中、現政権は何も手を打てていない。国防強化や国民のための政治を取り戻すことを訴えたい」と語った。

 矢内氏は16年の第24回参院選で福島選挙区から立候補して落選した。

 本県の小選挙区には現在、立候補予定者はいない。