「寝耳に水」野党再編 民進が希望に合流へ、候補者ら慌ただしく

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 衆院解散前夜、打倒安倍政権を掲げる野党に再編の大きなうねりが巻き起こった。27日、民進党が小池百合子都知事の新党「希望の党」と事実上合流する見通しとなり、民進党から県内小選挙区への立候補を予定している候補者や事務所関係者は、目まぐるしく変わる情勢への対応に追われた。

 1区に出馬する現職金子恵美氏の事務所では、担当者がポスターを刷り直す場合に備え打ち合わせをした。衆院解散を控え、事務作業は大詰めの時期。希望の党との事実上の「合流」の動きに担当者は驚きを隠さなかった。一方で、1対1の対決構図をつくりやすくなるとみており、担当者は「目の前の相手(自民現職・亀岡偉民氏)に集中できる」と前向きに語った。

 2区の新人岡部光規氏は「これまで民進党でやってきたので民進党のままでいく」と述べ、希望の党に公認申請しない方針を示した。

 3区の現職玄葉光一郎氏の事務所によると、玄葉氏は東京都内で支援団体や同僚議員と選挙に向けた話し合いを重ねたという。事務所の関係者は「(28日の)両院議員総会の決定に沿って動くしかない」と言葉少なだった。

 4区の現職小熊慎司氏の後援会事務所は、解散目前に前原誠司代表が示した方針に戸惑った様子。関係者は「降って湧いたような話で何も聞いていない。どんな対応になるか分からない」と語った。

 5区に出馬する現職吉田泉氏は「大筋、野党再編には大賛成。ただ、民進党そのものがどうなるのか、地方議員はどうなるかなど分からないことが多く、見極めてから判断したい」と述べた上で「一人で出馬を決めるわけではないので再度、幹事会で相談する」とした。