民進系5候補を応援へ 民進党福島県連「総合選対本部」設置

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
総合選対本部の看板を掲げる瓜生副代表(右から5人目)ら

 民進党県連は4日、福島市の県連事務所で常任幹事会を開き、県内5小選挙区に立候補する希望の党公認候補と、民進党籍の無所属候補を応援することを決めた。さらに、県連副代表の瓜生信一郎氏(県議団会長)を本部長とする衆院選の総合選対本部を同事務所に設置し、臨戦態勢に入った。

 選対本部看板の設置後、瓜生氏は報道陣の取材に対し、無所属の金子恵美氏と、態度を保留している玄葉光一郎氏を含め「5人の当選を目指し、われわれは真摯(しんし)に応援していく」と決意を述べた。

 また常任幹事会では、民進党を離党し、希望の党公認として出馬する県連代表代行の小熊慎司氏と吉田泉氏、同副代表の岡部光規氏について、党県連の役職を解くことを決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ