元衆院議員・宇佐美氏、希望の党で出馬へ 比例・東北ブロック

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 衆院選に、元衆院議員の宇佐美登氏(50)が希望の党比例東北ブロックで出馬する見通しとなったことが6日、分かった。近く党公認が発表される見通し。

 福島民友新聞社の取材に宇佐美氏は「津波と原発事故の影響が残り、景気後退の局面にある浜通りに元気を生み出せるよう頑張りたい」と意欲を語った。

 宇佐美氏は、早大理工学部卒。衆院議員秘書を経て1993(平成5)年の衆院選で新党さきがけから旧東京2区で初当選。民主党にも一時所属した。9月のいわき市長選に無所属で立候補し、3万6411票で落選した。