福島1区、野党勢力が結集 社民党支部連合、金子氏を支援方針

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 社民党福島1区支部連合は7日、衆院選福島1区に無所属で出馬する民進系前職の金子恵美氏を支援する方針を固めたと発表した。これにより民進党県連を中心に、社民、共産両党の野党勢力が金子氏を支援する体制が固まった。

 同支部連合と金子氏は9月に政策協定を結んだが、民進党が憲法改正を支持する希望の党と合流することになったことから、協定を白紙に戻した経緯がある。

 再び支援方針を固めた理由として、木村六朗同支部連合代表は、金子氏が希望の党に公認申請せず無所属での出馬を決意したことや、平和憲法の理念に立って国民生活を守ることなど政策面での一致を挙げた。